現場紹介

新幹線

 実は、よほど注意深く見ないと分からないのですが、東京ー新大阪間を走る東海道新幹線の線路の両脇にはくい丸がなんと7万本以上(!!)も使われています。

 新幹線は、世界的にも極めて評価の高い運行の安全を保つため、毎日の営業終了後にレールが熱影響等で沈んだり盛り上がったりしていないかをまで緻密に点検しています。その際、レールの変化をチェックするための基準になる杭が必要となります。そこにくい丸が採用されました。

 採用の決め手になったのはやはり難地盤への施工性でした。くい丸のハガネでできた尖端が、普通の杭では打ち込む事すら困難なバラスト(線路の小石)面においても施工を可能にしたのです。
作業は、太さ48.6mmのくい丸を、電動ブレーカーを使って線路脇に10mに1本の間隔で、頭が少し見えるくらいまで打ち込まれています。
 しかも、JR東海様における設計上の想定耐用年数はなんと30年!! 高品質な国産(日本製)材料を使用しているからこその高品質が評価されている事がよく分かります。

 写真では分かりづらいですが、基準となる高さを微調整できるよう特別な工夫もなされているだけでなく、このくい丸を打ち込むためだけの専用アダプターまで開発されたというのは驚きです。

今日もくい丸は新幹線の安全運行のための縁の下の力持ちとしてがんばっています。



新幹線写真1 新幹線写真2 新幹線写真3

新幹線写真4 新幹線写真5 

単管杭のベストセラー「くい丸」 
手軽なお試し品をご用意しました 
事例、問題解決ブログ「くい丸大学」 
お問い合わせはこちら

3万円以上お買上で送料無料しかも最短当日出荷

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休店日

ご注文はいつでも受け付けます。休店日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。休店日に頂いたご注文は翌営業日の出荷手配となります。

店長からのご挨拶

くい丸は、コンクリートを使わない単管杭の基礎工法です。
アスファルトにも打ち込めて、手軽で安心。25年に渡りDIYから太陽光発電まで、様々なものの基礎として活躍しています。

基礎だけに安全性はとても大切ですが、選び方が難しいのも事実です。
そこで当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。
お電話でもメールでも、お気軽にご相談頂いてあなたにピッタリの基礎を見つけて下さい。
店長日記はこちら >>

便利な会員登録はこちらから
FAXでご注文の方はこちらからダウンロードして下さい

【運営会社】
クイックス株式会社
お客様センター
〒553-0003
大阪市福島区福島2-10-19-806
Tel:050-5212-5908(営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp

ページトップへ