くい丸大学(活用ガイド)

くい丸の頭部を叩き続けるとどうなるか?

 くい丸は何度でも繰り返し使える事から、工事現場の仮設(仮囲いやフェンスなど)から、イベントなどでもよく使われています。


 このようにご説明すると、お客様から「何回くらい繰り返して使えるの?」というお問い合わせを頂きます。実際のところは使用環境によりますので、ハッキリ何回です、とお答えできるわけではないのですが、10年以上前のくい丸をいまだにお使いのリース屋さんも多くいらっしゃいます。反対に、くい丸を引き抜くときに無理やり力をかけたりすると曲がってしまった、もう使えないね、、、となることもあります。

 他の道具と同じように、丁寧に使えば長持ちし、手荒に扱えば1回でダメになることもある、ということでしょうか。
 ただし、丁寧に使い続けてもいつか限界がきます。

かなり使い込んで頂いていますね。


 頭のプレートがほとんど平らになってきています。このまま使い続けると、プレートの真ん中が外れてしまって穴があいてきます。普通だと頭に穴があくとスクラップに出されるお客様が多いのですが、中には「いや、まだ使えるから」と使い続ける方も。くい丸が、そうやって長く使って頂ける道具であるというのは我々としては本当に嬉しい事です。
 頭部に穴があくと、雨が降ったときにくい丸の内部に水が溜まります。尖端も密閉されているので水の逃げ場がありませんね。そうなると本体パイプの内部から錆が進行していくことになりますので、「外側は錆びていないのにある日突然ポキッと折れてしまう」というリスクもなきにしもあらずです(実際にはそのような事例を耳にした事はありませんが)。原則としては、くい丸の頭部に穴があいたら交換とお考え頂く事をおすすめします。

 なお、手打ちテーパーキャップなどのキャップをお使い頂くと、ハンマーで打ち込むときにくい丸の頭部が保護されるのでおすすめです。


 くい丸を抜くときに頭部をハンマーで横から叩かれたのでしょうか。テーパー部分にハンマー痕がいくつか付いていますね。

 しっかり繰り返して使えば単管パイプを杭にするよりもはるかに安上がりになるのがくい丸の良いところです。ぜひこれからも使い倒して頂きたいものです。

 ありがとうございました。



単管杭のベストセラー「くい丸」 
手軽なお試し品をご用意しました 
事例、問題解決ブログ「くい丸大学」 
お問い合わせはこちら

3万円以上お買上で送料無料しかも最短当日出荷

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休店日

ご注文はいつでも受け付けます。休店日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。休店日に頂いたご注文は翌営業日の出荷手配となります。

店長からのご挨拶

くい丸は、コンクリートを使わない単管杭の基礎工法です。
アスファルトにも打ち込めて、手軽で安心。25年に渡りDIYから太陽光発電まで、様々なものの基礎として活躍しています。

基礎だけに安全性はとても大切ですが、選び方が難しいのも事実です。
そこで当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。
お電話でもメールでも、お気軽にご相談頂いてあなたにピッタリの基礎を見つけて下さい。
店長日記はこちら >>

便利な会員登録はこちらから
FAXでご注文の方はこちらからダウンロードして下さい

【運営会社】
クイックス株式会社
お客様センター
〒553-0003
大阪市福島区福島2-10-19-806
Tel:050-5212-5908(営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp

ページトップへ