くい丸大学(活用ガイド)

一側足場の控えにくい丸

住宅工事など、建築現場の足場として広く使われている一側足場。狭い敷地に効率的に足場を組めるところが魅力ですね。

足場は現場にはなくてはならないものですが、一つ前違えると事故のリスクもあるので安全には慎重を期さなければならないのは当然です。
安全対策の一つとして使われているのが「控え」です。足場が倒れないように支える重要な役目を担っています。その控えの杭としてくい丸が活躍している現場がありました。

くい丸が一側足場の控えに使われています

足場には必ず控えが必要かというとそういうわけではありません。4辺全てを囲うなど、安定した形の足場には控えを設けない場合もあります。しかし、写真の現場ではL字型の足場になっていて、強風に対して不安があるとの事から倒れ止めとして控えが設けられています。

目立ちませんが、しっかり安全を支えています

この斜めの単管が控えですね。そしてその足下の杭が「くい丸」です。

一側足場には42.7mmのくい丸がお勧めです

目立たないのでアップにしてみました。
ちなみに、一側足場の支柱の太さは42.7mmで、ホームセンターで売られている単管(48.6mm)より少し細いんです。
なので、くい丸も住宅工事の現場では42.7mmが使われる事が多いですね。

大ハンマーでも打ち込みやすいのにしっかり抜けにくい太さです。42.7mmを使うときに注意しないといけないのは、いわゆる「兼用クランプ」を使わなければならないという事です。「単管クランプ」の方が価格は安いのですが、48.6mmにしか対応していないので42.7mmのくい丸には使えません。是非ご注意頂いて安全に作業して下さい。




ありがとうございました。


単管杭のベストセラー「くい丸」 
手軽なお試し品をご用意しました 
事例、問題解決ブログ「くい丸大学」 
お問い合わせはこちら

3万円以上お買上で送料無料しかも最短当日出荷

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休店日

ご注文はいつでも受け付けます。休店日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。休店日に頂いたご注文は翌営業日の出荷手配となります。

店長からのご挨拶

くい丸は、コンクリートを使わない単管杭の基礎工法です。
アスファルトにも打ち込めて、手軽で安心。25年に渡りDIYから太陽光発電まで、様々なものの基礎として活躍しています。

基礎だけに安全性はとても大切ですが、選び方が難しいのも事実です。
そこで当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。
お電話でもメールでも、お気軽にご相談頂いてあなたにピッタリの基礎を見つけて下さい。
店長日記はこちら >>

便利な会員登録はこちらから
FAXでご注文の方はこちらからダウンロードして下さい

【運営会社】
クイックス株式会社
お客様センター
〒553-0003
大阪市福島区福島2-10-19-806
Tel:050-5212-5908(営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp

ページトップへ