くい丸大学(活用ガイド)

くい丸は本当にアスファルトに打てるのか?

よく頂くお問い合わせの一つに、「くい丸は本当にアスファルトに打ち込めますか?」というものがあります。

ご安心下さい。大丈夫です。多くのお客様が下穴なしでアスファルトにくい丸を打ち込んでいらっしゃいます。

実際に打ち込んで頂くとよく分かるのですが、くい丸ならハンマーで叩けば入っていきます。もちろん、アスファルトの厚みや合材の量で多少の打ち込みやすさ/にくさは出てきますが、「結構打てるもんだな」というのが実感です。


写真のハンマーは3kgの大ハンマーですが、例えば27.2mmなどの細いくい丸であれば、もっと小さなハンマー(1.2kg程度)でも打ち込む事が出来ました。杭打ち初心者の方は「手打ちキャップ」を被せておけば、的が大きくなるので作業もしやすくなりますね。


 写真のケースでは、1本打つのに5分もかかっていなかったです。

 もしアスファルトが固くて打ち込みにくい場合や、位置決めをピッタリ決めたい場合には、事前にドリルで小さめの穴(くい丸の直径の1/4~1/3程度が目安です)を深さ5cmくらい開けておくととても作業がしやすくなります。

 くい丸は杭の周面と土との摩擦で抜けにくくなる性質がありますので、余り大きすぎる下穴を開けると、くい丸の支持力が下がる要因にもなります。下穴は大きすぎず、深すぎずを心がけて下さい。


 ところで写真のような木製の柄のハンマーを使うときには、滑り止めの付いた軍手やグローブの使用をお勧めします。普通の軍手だととても滑りやすいので危険です。また、2人一組で作業される場合には、補助者(ハンマーを持たない人)は手打ちハンドルがお勧めです。くい丸から離れたところで支えられるので、少なくともハンマーが頭を直撃、といった事故の防止には役立ちます。

単管杭のベストセラー「くい丸」 
手軽なお試し品をご用意しました 
事例、問題解決ブログ「くい丸大学」 
お問い合わせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休店日

ご注文はいつでも受け付けます。休店日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。休店日に頂いたご注文は翌営業日の出荷手配となります。

店長からのご挨拶

くい丸は、打ち込むだけの「いちばんシンプルな基礎工法」です。
くい丸を使う事で、太陽光発電や野立看板、フェンスなどをこれまでになく早く、簡単に設置する事ができます。

当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。

ぜひ手軽な基礎工法としてくい丸をご活用下さい。

店長日記はこちら >>

便利な会員登録はこちらから

【運営会社】
クイックス株式会社
お客様センター
〒553-0003
大阪市福島区福島2-10-19-806
Tel:050-5212-5908(営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp

ページトップへ