くい丸大学(活用ガイド)

テーパーキャップとストレートキャップの違い | くい打ち丸

くい打ち丸テーパーキャップとストレートキャップの違い
くい打ち丸テーパーキャップとストレートキャップの違い くい丸打込アダプター

 くい丸の打込に使われる手打ちキャップ(42.7/48.6/60.5)と電動ブレーカーキャップには、「テーパータイプ」と「ストレートタイプ」の2種類がラインアップされています。

 この2種類はキャップ内部の穴形状の違いによるもので、ごく簡単に説明すると、テーパータイプはくい丸が長持ちする新しいフィット型、ストレートタイプはシンプルな従来型製品という事ができます。

 テーパータイプは上図で確認できる通り、よりくい丸の頭部形状にフィットしているため、ストレートタイプに比べてくい丸の寿命(繰り返し使える回数)を延ばす効果が期待されます。この事から、テーパータイプはストレートタイプよりも価格を低く抑える事で普及を図っています。

 これに対して、実はストレートタイプはキャップ内径が49.5mmと、単管(48.6mm)よりもわずかに大きくなっています。このため、寸法上は単管の打ち込みに使用する事も可能ですので、単管打ちの為にストレートタイプをお買上になるお客様がいらっしゃるのも事実です。しかし、くい打ち丸シリーズはくい丸打ち込み専用アダプターですので、くい丸以外の打ち込みに使用して発生したトラブルについては当店でもメーカーでも返品やクレームをお受けする事ができません。万一目的外にお使いの際はご理解下さいますようお願い致します。

 いずれにせよ、現場でよく見かける、ノミのシャンクにアダプターカップを溶接した自家製アダプターに比べれば、削り出し一体加工のくい打ち丸シリーズがより長い間使える明白です。(より大きな負荷のかかる電動ブレーカーキャップにはさらに硬度調整加工が施されています)

 余談ですが、手打ち/手打ちテーパーキャップをくい丸の本数と同じだけご注文下さるお客様がまれにいらっしゃいますが、手打ち/手打ちテーパーキャップは繰り返し使える商品ですので、作業者(=打込ハンマー)の数だけお求め頂ければ充分です。ご注文の際はご留意下さい。

 それでは一番シンプルな基礎工法「くい丸」を、皆様のニーズに応じた基礎の設置にお役立て頂ければ幸いです。

単管杭のベストセラー「くい丸」 
手軽なお試し品をご用意しました 
事例、問題解決ブログ「くい丸大学」 
お問い合わせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休店日

ご注文はいつでも受け付けます。休店日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。休店日に頂いたご注文は翌営業日の出荷手配となります。

店長からのご挨拶

くい丸は、打ち込むだけの「いちばんシンプルな基礎工法」です。
くい丸を使う事で、太陽光発電や野立看板、フェンスなどをこれまでになく早く、簡単に設置する事ができます。

当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。

ぜひ手軽な基礎工法としてくい丸をご活用下さい。

店長日記はこちら >>

便利な会員登録はこちらから

【運営会社】
クイックス株式会社
お客様センター
〒553-0003
大阪市福島区福島2-10-19-806
Tel:050-5212-5908(営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp

ページトップへ