くい丸

くい丸は打ち込むだけの「一番シンプルな基礎工法」です。

くい丸紹介動画を公開中

安心できる基礎であること

地上に何かを設置するときには、必ず基礎が必要です。その基礎として最も大事な事は、強い風や、上からの重さに耐える「支持力」です。くい丸は、その特殊な尖端構造により1mあたり約1トン(※)という非常に優れた支持力を示します。1トンというと、およそ75cm角のコンクリートの塊に匹敵します。くい丸は、関西大学との共同研究の中で確認しています。つまり、性能で安全、信頼性でも安心ということです。

※平均N値7の地面に太さ48.6mmのくい丸を打ち込んだ場合。関西大学との共同研究による。
地面の固さや土質などで支持力は異なりますので、他の地面で同様の支持力があることを保証するものではありません。

施工がシンプルで早いこと。

くい丸の基礎工法は「打ち込むだけ」です。コンクリートを練ったり大きな機械を持ってきたりする必要はありません。ハンマーで、あるいは手持ちサイズの機械で打ち込むだけで、充分な支持力を発揮します。  打ち込み式の基礎は、コンクリートのように養生期間(コンクリートを乾かす期間)が必要ありませんので、打ち込みが終わればすぐに次の作業に移れます。
手前味噌かもしれませんが、これ以上シンプルな基礎工法は知りません。

様々な地面に打ち込めること。

くい丸はその特殊な尖端構造により、他の杭では施工が難しい地面にも対応します。高い打ち込み性能が評価され、東海道新幹線のレール基準杭として採用されています。また、富士山9合目登山道や明治神宮参道など、固さについては折り紙付きと言っていい現場でも活躍しています。

打ち込み方が選べること。

電動ブレーカー

エアブレーカー

バックホー

一番人気は電動ブレーカー(ハツリ機)です。マキタや日立工機など人気のモデルに対応しており、現場での取り回しに優れるため、太陽光の施工現場で広く使われています。2~3kwの発電機で動きます(※)。

プロに人気のエアブレーカー(ハツリ機)にも対応しています。定番の20番(30mm丸シャンク)だけでなく、10番、15番(26mm丸シャンク)にも対応しています。安全性と作業性を向上させる抜け止め付シャンク(30mmのみ)もラインアップしています。

パワーでは文句なしに最強のバックホー(ミニユンボ)での打ち込み。油圧配管付きのバックホーが必要ですが、固い地面への施工や大量施工には抜群の効果を発揮します。

片手ハンマー

大ハンマー

油圧杭打ち機

地面がそれほど固くない場合、27.2~34.0mmの太さのくい丸であれば片手ハンマーでの打ち込みも可能です。

くい丸は頭部もプレートで補強されていますので、大ハンマーで叩いても壊れにくくなっています。別売りの手打ちキャップを使えば頭部の傷みも少なく美観も向上します。

パワーと取り回しの良さを兼ね備える油圧杭打ち機にも対応しています。土質によっては電動ブレーカーで入らない地面にも油圧杭打ち機で打ち込めるケースもあります。独自の形状から、長いくい丸を打ち込む時にも便利です。

専用アダプター適合機種リスト

電動ブレーカー

エアブレーカー

【マキタ】8900N・8600S・HM1304・HM1317C・HM1500
【日立工機】PH-65A・H65SA・H65SB・H65SB2

※六角シャンクの対辺が30mmのブレーカーに対応
※日立工機H90用は特注品で対応できます
※17mmシャンク用は特注品で対応できます

【東空】TCB-200などの20番ブレーカー(φ30シャンク)
CB-10・CB-15・CA-7など10番、15番ブレーカー(φ26シャンク)

※ツバ付きエアブレーカーキャップ(φ30)には別途カッター用チゼルホルダーが必要です

油圧ブレーカー(バックホー用油圧破砕機)

油圧杭打機

【東空】TNB-3M・TNB-2E
【古河ロックドリル】Fx35・F3(Fタイプ)
【日本ニューマチック工業】GH-2・E-203(Nタイプ)

※油圧配管付きのバックホー(ミニユンボ)が必要です。
※型番が一致しても年式により対応しない場合がございますので、事前に適合チェックサービスをご利用頂くことをお勧めいたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

【丸善工業】KH-180・KH-240V

環境にも優しいこと。

何度でも繰り返して使える。少ないエネルギーで打ち込める。そして無駄のないデザイン。もし使えなくなっても100%リサイクルする事ができる。くい丸は環境意識の高い大手ゼネコン各社への採用も進んでいます。もちろん省エネやリユースは、環境だけでなくコストにも優しい事は言うまでもありません。

現場からの高い評価でNETISのV登録

くい丸は優れた建築技術を広めるための国土交通省の情報システム「NETIS(ネティス,新技術情報提供システム)」に登録されています(登録番号KT-990237-V)。現場での有効性が認められたV登録です。公共事業でくい丸を採用すると総合評価方式での加点対象となります。クイックスでは、公共工事に欠かせない材料証明(ミルシート)や製品概要図などの書類も迅速にご用意いたします。

くい丸の構造

尖端 本体 頭部

くい丸の高性能の秘密は尖端にあります。くい丸だけの独自の密閉構造が打ち込みやすさと抜けにくさを両立しています。

くい丸の本体はサビに強く美しい国産の先メッキ鋼管です。溶融亜鉛メッキ処理されていますのでサビに強くなっています。48.6mmではさらにサビに強い「厚メッキ」バージョンもご用意しています

くい丸の頭部は鉄ハンマーで直接叩いても欠けたり破片が飛んだりしにくい材料で安心です。また、本体からはみ出ない太さに加工されていますので、くい丸を束ねたときにもスッキリ収納できます。

くい丸の太さの選び方

くい丸は選べる太さ7種類
くい丸の太さ
(mm)
安全性
(抜けにくさ)
作業性
(打ち込みやすさ)
よく使われる用途
60.5 ★★★★★ ★★★ 太陽光発電、土留め
48.6 ★★★★★ ★★★★ 太陽光発電、仮囲い、鉄道、屋外看板、簡易小屋
42.7 ★★★★ ★★★★ 仮囲い、一側足場
38.1 ★★★★ ★★★ 農業、ペットポール
34.0 ★★★ ★★★★ フェンス
31.8 ★★★ ★★★★★ 丁張り、フェンス支柱、ロープ柵
27.2 ★★★ ★★★★★ 丁張り、家庭菜園、ロープ柵

くい丸の長さの選び方

くい丸は地面との摩擦により抜けにくくなる摩擦杭ですので、地面に打ち込む深さ(これを根入れ長といいます)が深いほど支持力の高い安全な基礎ができます。しかし、右のイラストで確認するまでもなく、杭は長くなるほど施工性は下がってしまいます。
支持力と施工性のバランスは、その目的や施工する本数を充分に考慮する必要があります。もし迷ったらお気軽に当店にご相談下さい。

・0.6~1.3m
 ハンマーや電動ブレーカーでの施工に最適
・1.4~2.0m
 電動ブレーカーでの施工に最適
・2.1~3.5m
 小型バックホー(0.1~0.2クラス)での施工に最適
・3.5~4.0m
 0.4クラス~での施工に最適

気軽にお試し頂けます

初回のお客様限定で、くい丸のサンプルを無料で差し上げます。 初回のお客様限定で、人気サイズのくい丸を999円でお試し頂けます。送料も消費税もコミコミの特別価格です。

くい丸の太さ別ラインアップ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文はいつでも受け付けます。定休日は商品の出荷をお休みさせて頂きます。

お問い合わせはこちら

店長からのご挨拶

くい丸は、打ち込むだけの「いちばんシンプルな基礎工法」です。
くい丸を使う事で、太陽光発電や野立看板、フェンスなどをこれまでになく早く、簡単に設置する事ができます。

当店では、長い経験を持つスタッフが、くい丸の選び方から使い方まで幅広くサポートさせて頂きます。
・どんな地面に使えるのか?
・どのくらいの長さを選べば良いのか?
・打ち込み方はどうすればいいのか?
・くい丸と架台の繋ぎ方は?
使い方が様々なくい丸は、それぞれのケースに応じて最適な答えが変わってきます。

ぜひ手軽な基礎工法としてくい丸をご活用下さい。

店長日記はこちら >>

【運営会社】
クイックス株式会社
〒550-0025
大阪市西区九条南3-25-16
Tel:
050-5212-5908 (営業日の9時~17時)
Fax:06-7635-5722
Eメール: shop@kuicks.jp ※2018年2月より電話番号が変更になりました

ページトップへ